東雲です。

今回はアフィリエイトサイトにGoogle Analyticsを導入する際の設定方法について紹介します。紹介しますというか、私がやっている事を書くだけですが。

注:法人の企業サイトやオウンドメディアにGoogle Analyticsを設定する際は、この記事で書いてある事以外にも気をつけるべき事が多々有りますので、他のサイトの記事を読んだ方が良いですよ。

アカウント・プロパティー・ビューの役割の違いと意味

を、ここで詳しく説明するのは止めておきます。詳細は下記記事をチェックして下さい。チェックしたら戻ってくること。

Googleアナリティクスの基本設定~アカウント構造編 | グラシズ | UIDEAL

私の場合は、「アカウント・プロパティー・ビュー」を以下のように使い分けます。

  • アカウント・・・一つのアフィリエイトサイト全体
  • プロパティ・・・一つのアフィリエイトサイト全体
  • ビュー・・・一つのアフィリエイトサイト全体

はい、つまり何も使い分けていません。

基本的に「一つのアカウント=一つのアフィリエイトサイト」で割り振った方が、個人的に分かりやすいのでこうなっています。この辺りは、好みの問題やその後のサイトの展開等々によっても変わってくる所だと思うので、書籍やブログ等々で勉強して、必要事項を身に付けるようにしましょう。

「アカウント・プロパティー・ビュー」について終わり。

実際の設定方法

まずはGoogle Analyticsにログインしましょう。

⇒http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

右上の「ログイン」をクリック。

ログイン

画面が切り替わったら、上の方にある「アナリティクス設定」をクリック。

Analytics設定

すると以下の様な画面になりますので、「アカウント」のプルタブを押して、下の方に有る「新しいアカウントを作成」をクリックして下さい。

新しいアカウントを作成

続いて、アカウント名とプロパティーの設定や計測対象となるウェブサイトのURLを入力する画面になります。私の場合は「アカウント」も「プロパティー」も取り敢えずは同一にします。そしてこのサイトのURLを入力。

https化されているサイトの場合は「https://」を入力して下さいね。

業種はサイトジャンルに一番近しい物を選べばOK。アフィリエイトサイトでは特段影響ありません。あとはレポートのタイムゾーンは「日本」にするように。コレがアメリカとかになっていると、データの収集期間にズレが生じるはずです。

新しいアカウントの設定画面

その下には「データ共有設定」とう項目が有ります。特段の事情が無い限りは、全てチェックマークを入れておいて「トラッキングIDを取得」をクリック。

データ共有設定

ポップアップ的に利用規約への同意画面が現れます。赤枠で囲った部分を「日本」に選択肢して、利用規約に同意できるなら「同意する」ボタンをクリック。

利用規約

すると、「ウェブサイトのトラッキングID」が出てきます。

ウェブサイトのトラッキングID

あとは、これをWEBサイトの</html>の前に挿入すればOK。WordPressの場合、多分ほとんどのテンプレートで「外観」⇒「テーマの編集」⇒「header.php」の所にが有るはずなので、そこへ直接貼り付けます。

但し、日本で流行しているテンプレートの場合は、テンプレートが独自に「アナリティクスコード挿入枠」みたいなものを作ってくれている事が多いので、テンプレートのマニュアルを読みましょう。

たとえば、当サイトで使っている賢威の場合は「WordPress管理画面」⇒「賢威の設定」⇒「賢威の設定」をクリックすると

賢威の設定

以下のように「コード挿入枠」が有るので、ここに記入すれば自動的にの前にコードが挿入されるようになります。

賢威の設定ーコード挿入

終了。

その他設定している事

あんまり、他に設定している事は無いのですが、私がやっていることを参照リンク付きで紹介します。

リファラスパム対策

リファラスパムとはアナリティクスのレポート画面にリファラーを残すことで、初心者アナリティクサーを対象サイトに誘導するスパム。英語の変な販売サイトに移動させられる事が多いが、結構危険なサイトに移動される事も有るようなので、リンク先には行かない方が無難。

なお、リファラースパムのせいでアクセス数が汚されるので、非常に迷惑な存在です。

私の場合、新規サイトの場合はプロパティーをもう一つ作ります。こんな感じ。2個目のプロパティーなので、トラッキングIDの枝番が2になります。

トラッキングID

こうすることで、リファラスパムが侵されにくくはなるなーと個人的には思います。詳細は下記記事を御覧ください。

参照元スパム対策をしてわかったこと – ウェブの実

あとは、「ビュー」の「ビュー設定:の「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外する」という所にもチェックマークを入れます。

ボットのフィルタリング

ここにチェックをしておけば、Googleが把握しているリファラスパムに関しては、最初から除外してくれるとか何とか言いますが、イタチごっこなのでそこまで効果は無いように感じます。

ビュー設定とかも本当色々細かい設定が有りますが、ここでは割愛します。時間がいくら有っても足りませんので。

その時、その時で必要な対策方法を講じていって、次のサイトにアナリティクスを入れる時に、その時得た知識をフィードバックさせていけば十分です。アフィリエイトサイトの場合。

追記:2017年2月24日

最近は「<完全版>リファラースパムをたった1つのフィルタで撃退する方法 | SEM Technology」に書いてある方法を利用しています。

なお、リスティングのやり方でも度々ブログ記事でお世話になる「でぶてて」さんがブログ内で、GAでよく設定するフィルタの時短ツールを公開されています。

4クリックぐらいで完了!Googleアナリティクスのフィルタ一括登録ツール – でぶててのWEB録

リファラスパムも取り除けるようなので、利用される人は利用して下さい。

検索エンジンの登録

Google Analyticsでは全ての検索エンジンが登録されている訳では有りません。結局、その検索エンジンからのキーワードを取得したいなーと思ったら、手動で登録するしか有りません。Analyticsにデフォルトで登録されていない検索エンジンからアクセスが有った場合、それはリファラー(参照元)扱いになってしまいます。

これはOrganicとReferalの比率等々も汚してしまう要因ですので、出来ればそれなりに検索ボリュームの有る検索エンジンは登録しておきたいところ。こちらについては下記記事(またでぶててさんのブログ)を参照して下さい。ワンクリックで登録できるので非常に便利です。

1クリックで完了!Googleアナリティクスの検索エンジン登録 – でぶててのWEB録

サーチコンソールとの連携

別にコレもやらなくても良いのですが、大きく育てるサイトの場合は連携させています。

「プロパティーの設定」から「Search Conseleの調整」をクリックして、画面に従い連携させて下さい。www有り無し、httpsか否かに注意して連携させて下さいね。

これをやっておくと、サチコでは1,000件までしか見られない検索クエリデータがアナリティクスだと上限なしで見れます。最近はGoogleだけでなくYahoo!の検索ワードも徐々に見れなくなってきているので、こういう情報がアナリティクスで見れるのは非常に嬉しい。

「集客」⇒「Search Console」⇒「検索クエリ」から見れます。

検索クエリ

まぁ、Analyticsで全部見せるならサチコでも全部見せれば良いんじゃない?なんて思ってしまうわけですが、Googleの考える事はよく分かりません。

終わりに

Google Analyticsは無料のくせに非常に機能が多く、初心者の人が使いこなすのは非常に難しいアクセス解析ツールです。もちろん、私も使いこなしていません。

ただ、機能を知れば知るほど解析が便利になるのも事実です。興味が有る人はAnalytics関連の書籍を買ったり、セミナーに参加して知識を得てみては如何でしょうか。アフィリエイターでどこまでその機能を使う必要が有るのか・・・という問題は有りますけどね。

東雲でした。