seoの為にリンクを貰う

東雲です。

今回の記事は「ナチュラルな被リンクを獲得する方法」の第一弾です。タイトルは「普通の人が面倒臭がる事を代わりにやってあげて被リンクを貰う」としました。

この方法は、非常に面倒で時間がかかりますが、難易度としては非常に簡単です。どういう事なのか?以下で見ていきましょう。

人は面倒な事が嫌いであることを理解する

もうコレ本当タイトル通りなんです。別にそんなに言うこと有りません。

人って面倒な事が嫌いなんです。面倒な事に時間をかけたくないんです。

その面倒な事を代わりにしてあげてまとめて記事にする

本当コレだけです。

キュレーションにも通じるところはありますね。

実際どんなことをすれば良いのか?イメージ出来ない人もいると思うので、次は実例を見ていきましょう。

この方法で被リンクをゲットした実例記事を紹介

実例記事は当サイト「【東雲】アフィリエイト実践論」より紹介します。

該当記事はこちら

主要ASPのアフィリエイトリンクコードのSSL化対応状況【2016年11月時点】

URL:https://www.affiliate-studies.net/ssl-asp-link/

この記事は2016年1月に初稿版を書きました。

GoogleがSSL化を促進したことで、アフィリエイトサイトを含む多くのサイトでSSL化が進みました。ただ、当時はASPのバナーリンクがhttpsに対応して無くて、アフィリエイトサイトだとSSL化が完了しないぜーって言われてる時代だったんですね。

サイトを完全にSSL化するためには外部サーバー等から取得している画像のURLもhttps化されてないとエラーが出ます。この辺分からない人は下記記事参照。

新規で作ったアフィリエイトサイトをhttps化する時の手順

なので、私としては、バナーリンク含めたアフィリエイトリンクコードがSSLに対応しているかどうか?という部分を主要ASPについて片っ端から調べてまとめ上げれば、それなりに需要は有るんじゃないだろうかと判断しました。

このASPは対応している・対応していない、という部分が一目瞭然で分かれば、他のアフィリエイターさんが自分で調べる手間が省けますよね。それに一覧で紹介してあげれば、実際にどのASPからリンクを取ってくるか?を他のアフィリエイターさんが決定する上での指標にもなります。

イメージ的には、他の人の時間を短縮してあげる記事を書く感。

実際にこの記事で貰った被リンクがこちら。サチコの画面です。

ssl化の記事で被リンクをGET

被リンクの数としては合計13本。ドメインは8個。これが多いのか少ないのかについては色々意見有ると思いますが、実際に被リンクを貰う事は出来ました。個人的には思ったより少なかったですが・・・

でも、結構有名なブログからリンク貰えてるので、それはそれで良かったかなと。

naifix.com:ブログ初心者応援サイト:Naifix
wayohoo.com:和洋風KAI

上で紹介したのはいずれもアルファブロガーと呼ばれる方のブログです。

Naifixはエローラさんという方が運営されている人気ブログで、WordPressテーマ「Gush」を無料で配布されています。非常に為になるブログ運営術が書かれているので、これからブログを書こうと思っているなら読んでおいて損はなし。

一方、和洋風KAIは「するぷ」さんという方が運営されているブログで、主にガジェット系の記事を書かれています。少し古いですが、下記のようなプロブロガー本も出版されている方です。私も買いました。

ちなみに私が今回紹介した記事は、当サイト一発目の記事です。つまり、ドメインも全く強くない時期のタダの新規ドメインの記事にリンクを貼って貰った事になります。

この事から、面倒くさい事を代わりにやってあげる事はもちろんのこと、情報をまとめるならスピードも大事なのかなと思います。私が”主要ASPのssl化対応状況の記事”を書いた時って、同じような記事が他に無かったんですよ。

新しいドメインで作ったWEBサイトイメージ

検索してもASP毎のSSL化対応状況をまとめているサイトが他に無かったってことです。だから、新規ドメインの弱っちい当サイトの記事が彼らの目に触れたわけです。恐らく今同じ記事を書いても、よっぽど自分にファンがついてない限りリンクは貰えません。

これをまとめると「ユーザーの役に立ちそうだな!」と思えるような事柄が有れば、他の人にやられる前に自分でやっちゃって下さい。無名の人間が二番煎じの記事を上げても中々リンクは貰えませんからねー。

今日はこれで終了!

速報性のある情報をスピーディーに記事にして被リンクを貰う【記事未了】