ブラックハットSEOとホワイトハットSEOのどちらを実践すべきか?これはアフィリエイターにとっては悩ましい問題です。(別にアフィリエイターじゃなくても悩んでると思いますが。)

手っ取り早く売上を上げたいならブラックハットSEOを実践した方が結果が出る可能性は高いです。とは言え、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどの更新により、年々ブラックSEOに対する規制強化は進んでいます。

そのため、私個人としては2014年頃からリソースの90%はホワイトハットSEOの方に向けています。で、ホワイトSEOを実践するに当たっては、やはりSEOに関する正しい知識が必要になってきますよね。(前振りが強引ですね。)

そこで、今回はSEOに関する知識を得るに当たって、この本を読んでおけば間違いない!という本を3冊ほど紹介していきます。

この3冊に書かれている事を頭に入れておけばSEOの考え方・視点がブレる事はない

今回紹介する3冊の書籍はどれも“真っ当なSEOとは何か?”を教えてくれる本です。とにかく、初心者アフィリエイターに読んでもらいたいですね。

この3冊を自分の中でキチンと消化する事が出来れば【怪しい情報商材の裏技的なSEO】に振り回される事は無くなります。

言葉では言い表しにくいですけど【自分の中でSEOの考え方に関する軸・指針が出来る】という表現が正しいでしょうか。SEOに関するブレない軸・指針が自分の中にあれば、ネットに溢れている意味の分からないSEO手法に惑わされる事は無くなります。そのSEO対策は「あるべきSEO対策なのか?そうではないのか?」が判断できるようになります。

ブラックSEOを実践するにしても、【本来のSEOの意味】を理解した上で実践しないと、なかなかSEOスキルは上がらないのかなと思います。

というわけで、紹介していきます。

①10年つかえるSEOの基本


ナイル(旧ヴォラーレ)の取締役「土居 健太郎」さんが書いた本。会社としてのSEOブログも中々良い。

SEOの技術的知識をほとんど持っていない「すずちゃん(登場人物名)」に対して、SEOの専門家である「土居さん」が丁寧に「SEOとは何なのか?」について説明していく会話形式の書籍。

昨今はGoogleも情報公開に積極的で「どんなサイトを作れば良いのか?」「どんな事が検索順位に影響を与えるのか」などを公開してくれていますが、如何せんSEOの知識がない人にとっては難しい内容も多くなってきました。

SSL化とかAMPなんかも正直、ズブの素人が対応するにはちょっと難しいと思っています。技術的な話で言えば私も全くもって付いていけません。

しかし、この本は全然難しくない。SEOってこういう事だよね!という部分を本当に分かりやすく平易に書いてくれています。テクニカルな内容はほとんど書かれていませんが、本当に「10年使えるSEOの基本」が書かれていると思います。

②検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書


アイレップ渡辺 隆広さんが書いた本です。 こちらは2008年に出版されてから一度も改訂がなされていません。そのため、内容的にはやや古く、陳腐化している部分もいくらか有ります。

ただ、書籍の中で一貫して主張している事は「検索エンジンを正しく理解して正しいSEO・真っ当なSEOを実践していきましょう」という部分。本質がブレていないので、今読んでも間違いなく参考になります。最新情報に関しては下記渡辺さんのブログで補足されると良いでしょう。

[SEM R] :: 検索エンジンマーケティングのことなら SEMリサーチ

また、「どういう行為がスパムと判断されるのか?」なども記載されていますので、「やってはいけないSEO」も把握できるようになっています。

2015年とか2016年にアフィリエイトを始めた人の場合、「2011年以前は日本のYahoo!でも独自の検索エンジンを使っていた事(今はGoogleのを借りてる)」とか「ディレクトリ型の検索エンジンって何?」という人も多いと思います。

この本を読めば【昔の検索エンジン】というのを、少しは知ることが出来るのかなと思うので、そういう意味でも有益なのかなと思います。

③ソーシャルメディア時代のSEO戦略マニュアル


ご存知、当サイトでも使っているテンプレート【賢威】の作者である松尾茂起さんの著書。

「WordPressで加速させる!」という文言がタイトルに入っている事からも分かるように、書籍のうちの7分の3くらいはWordPressの話です。ただ、残りの7分の4はちゃんとしたSEOのお話なので、WordPressユーザー以外でも参考になります。

加えて言えば、賢威の購入者サポートページで公開されているSEOマニュアルとほぼほぼ同じような内容なのですが、サポートページで公開されているSEOマニュアルの方が若干新しいです。

書籍の販売は2011年ですが、サポートページのSEOマニュアルの最終更新日は2013年6月なので。

賢威seoマニュアル

この本の良い所は、今現在主流になっている(なおかつこれからもしばらくは変わらないであろう)外的SEOのプランニング手法が具体的に書かれている事です。要は【どうやって外部リンクを獲得すれば良いのか?】という部分が分かりやすく解説されている所が良いです。(もちろん内的SEOの部分も非常に参考になりますけどね。)

ただ、松尾さんがよく言っている「はてブ」や「twitter」を使ってのソーシャルリンクSEOは、初心者アフィリエイターが一朝一夕で出来る物ではないので、その辺りは注意が必要です。

あと、松尾さんで言えば沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲という本も有るのですが、こちらは時間があるなら買ってみても良いと思います。

というのも、ボリュームの割に内容が薄めですし、書籍の内容の殆どはWEBで公開されているので、あえて購入する必要性としてはそこまで高くないと思うからです。もちろん、初心者がマーケティングの基礎を勉強する上では役立つとは思いますけど。

追記:反対に沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘は、漫画の間のまとめ部分が非常に濃いので、買ったほうが良いかなと思います。ライティング!という冠は付いていますが、リンクを貰うための記事の書き方が分かるのでオススメです!

まとめ

最近はSEOに関する良書が増えてきているので、今回紹介した3冊以外でも非常に参考になる書籍は沢山有ります。

ただ、アフィリエイト初心者の場合、どれが良書なのか?という部分を正直判断することは出来ないと思います。迷っているなら上記で紹介した3冊から初めてみては如何でしょうか。