ブラウザの機能

注:作業メモなのでほとんどの方には関係がありません。Go to Back!

東雲です。

東雲が入れているChromeの拡張機能を紹介していきます。(加えて記事を書きながら使っていない拡張機能の棚卸しもしようかなという下衆い思惑もありますが・・・笑)。

それぞれの拡張機能毎に”Chrome公式ページへのリンク”と”使い方を説明した他サイトの記事へのリンク”を張っておきますので、便利だなと思ったら是非導入してみましょう。

一応勝手に区分けしたカテゴリーごとに紹介していきます。

目次

Google対策系の拡張機能

対策と書くと仰々しいですが、まぁGoogle関連のやつです。

3つだけ。

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)【自分のアクセスを除外!】

GoogleAnalytics上での自分のアクセスを除外してくれるという事で入れています。WEBやってるのに、この拡張機能を入れていない人はモグリでしょう。

アクセス解析に自分のアクセスがあると正しいデータが見れませんからね。

ただ、正直いうと、サイトが大きく育ってくれば自分のアクセスなんて蚊ほどの影響もなくなるので、別にどうでもいいかなーと思ったり思わなかったり。

あと、うまく機能していないな!と思うときがたまにあります。なんででしょうね?

Google Analytics – 自分のアクセスを除外 データ収集を無効にするアドオン – Chrome – Firefox – Interntet Explorer – Safari – PC設定のカルマ
Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google) – Chrome ウェブストア

Google Publisher Toolbar【AdSense収益の確認用】

Google Publisher Toolbarを入れておくことで、AdSenseの管理画面にログインせずとも報酬が確認できたり、該当ページに表示されている広告の詳細を確認したり、広告ブロックを速やかに適用できるようになる、などの機能があります。

報酬はこんな感じで表示されます。

Google Publisher Toolbar

東雲は広告をブロックすることは基本的にないので、報酬確認のためだけに入れている感じですかね。便利ですよ。

Google サイト運営者向けツールバーの特徴と使い方 – ブロギングライフ
Google Publisher Toolbar – Chrome ウェブストア

AMP Validator【AMP対応がうまくいってるかどうか】

いわずとしれたAMP Validatorです。この拡張機能を入れておけば該当ページのAMP対応がうまくいってるかいないのか瞬時に見分けられるようになります。

たとえば、AMP対応がうまく行っている場合は、下画像のように拡張機能のアイコン(赤丸で囲った部分)が青く表示されます。

amp

失敗している場合は確か赤く表示されていたような?

私の場合、AMP対応するぜ!と意気込んでみたものの、結局めんどくさくなって放置しましたので、正直今は必要ないです。でも、将来的には必ず必要になるので入れてます。

早く画期的なAMP対応サービスが出てくると良いんですけどね。

手軽にAMPエラーをチェックする方法(Chrome拡張「AMP Validator」の使い方)
AMP Validator – Chrome ウェブストア

SEOのチェック関連の拡張機能・エクステンション

主にライバルサイトの強さを簡易的に把握するために入れているエクステンション(拡張機能)です。

SearchPreview【検索結果の画面にプレビュー画像を表示】

SearchPreviewはGoogleの検索結果に各サイトのプレビュー画像を表示してくれる機能。

こちらがSearchPreviewなしの検索画面。

東雲アフィリエイト実践論の検索結果

こっちがSearchPreviewありの検索画面。

東雲 アフィリエイト実践論の検索結果ーサーチプレビューあり

普通、検索結果にサイトのプレビュー画像はでてきませんが、SearchPreviewを入れておくと検索結果に出てくる全てのサイトのプレビュー画像が見れます。

ライバルサイトをチェックする時など、プレビュー画像を見て「なんとなくしょぼそうなサイトだな」とか「このサイトの感じなら勝てそうだな」みたいなのを判断しています。(実際にはちゃんとサイト見に行ってから判断しますけども。)

まぁ、プレビュー画像があると「何となくこのサイト信頼できそうかな?」みたいなのを判断することも可能ですね。まぁ、実際にはサイト見ないと分からないですけど。

探しやすい!検索結果にプレビューを!Chrome拡張機能「SearchPreview」
SearchPreview – Chrome ウェブストア

SEOquake【簡易的なSEOレベルチェック】

他サイトのSEO的なレベルを簡易的にチェックするために入れています。

下記画像のように、ページを読み込むたびにインデックス数やらalexaランクやら外部リンクの数やら調べてくれます。

SEOquake

昔は、リツイートの数やらFacebookのいいね数、外部リンクの数なんかも結構正確に取れていたのですが、今は全然機能していないので、東雲は

・インデックス数
・alexaランク

くらいですかね。見るとしても。

この二つが分かれば、おおむねサイトのレベル感は分かるような気がします。

下記、Firefox版のレビュー記事ですが、Firefox版もChrome版もほとんど同じなのでこちらの記事へリンクを張っておきます。

【Firefox版アドオン】SeoQuake SEO extensionでサイト調査 – SEOカフェ
SEOquake – Chrome ウェブストア

NoFollow【ノーインデックス・ノーフォロー!】

設置されているリンクが「follow」リンクなのか「Nofollow」リンクなのかが一発で分かるようになる拡張機能。

まぁ他の人が自分のサイトに付けてくれたリンクがdofollowなのかnofollowなのかとか見るために使います。

下画像の「NoFollow – Chrome ウェブストア」のところに注目。

nofollow

なんか赤い点線で囲まれてますよね。これはnofollowが入ったリンクですよ!という意味です。

他にもnoindexのページやらホニャララやら色々できたりするそうですが、東雲は他の機能は特段使っていませんorz

Chrome拡張機能「NoFollow」 – nofollow、noindexを視認 – 開発メモ – Webkaru
NoFollow – Chrome ウェブストア

サイト制作系の拡張機能

サイト制作系とかカッコイイ感じで書いてますが、要はhtmlやcssのソースを見てゴニャゴにゃするために使っています。

View Selection Source【選択部分のhtmlソースが見れる】

View Selection Sourceは自分が選択した部分のhtmlソースを見せてくれる拡張機能です。

ページ全体のソースは「右クリック」⇒「ページのソースを表示」で見ることができますが、

まれに、部分的にソースを見たくなるときがありますよね。他サイトのサイト構成を研究してる時とか。

そういう時に重宝します。

使い方は簡単。ここでは見出しとしてh2を使っているのかh3を使っているのか調べることにしましょう。

まず、以下のように調べたい部分をマウスで選択した状態にします。

View Selection Source

そして、クロームのメニューバー?のアイコンをクリック!

View Selection Sourceのアイコン

すると、下画像のような感じで選択した部分のソースが見れます。

ソースを見る

東雲がここの見出しとしてh3を使っていることが分かりましたね。

随所に結構使い所のある便利な拡張機能だと思うので、是非取り入れておきましょう。

マウスで選択した範囲のソースコードが見れるChrome拡張機能「View Selection Source」
Chromeで選択範囲のソースを表示する のこと – ウィンドウズをカスタマイズしたりゲームコントローラーを改造したまとめ
View Selection Source – Chrome ウェブストア

Web Developer【CSSのソースが見れる!】

Web DevelopperではJavaScriptやcookieの無効化やフォームの一括操作やテストなど様々な機能が付いている優れもの。WEB担当者なら入れておいて損はしない拡張機能です。

ただ、東雲は、他サイトのCSSのチェックをする時に使います。というか、良さげなWordPressのテーマを使っているサイトを見つけた時に「テーマ名を調べるため」に使っています。CSSにテーマ名を入れてくれているテーマも多いので。

普通にCSS見るにも便利ですよ。知識があればあるほど便利さを感じられる拡張機能じゃないでしょうか。知りませんけども。

Web Developerとは?ホームページの動作テストをクリック1つで実施しよう|ferret [フェレット]
Web Developer – Chrome ウェブストア

リンクを素早く保存したり貼り付けたりする系

見出し通りです。大量のリンクを素早く取得したり、大量のリンクを貼り付けたりする時に重宝します。

Create Link【リンクを一発作成】

アフィリエイターなら必須と言っても良いかもしれません。

サイトリンク作成の強い味方!

「Create Link」です。

これを導入すれば、リンクを張りたいサイトへのリンクなどが簡単に生成出来てしまいます。以下のように「右クリック」⇒「Create Link」と辿るだけで、自分の好きな形式でURLリンクを作ってくれます。

create link

僕はほぼ標準の状態でしか利用してませんが、すこぶる便利。下記紹介記事などのようにカスタマイズを加えれば、もっと便利になると思います。

ブロガー必見!他サイトへのリンクを簡単に作るGoogle Chrome拡張機能「Create Link」 – 道すがら講堂
Create Link – Chrome ウェブストア

Linkclump【右クリックを使って一気にリンクを開く】

Linkclumpは、複数のリンクを一気に開くことができるようになる拡張機能。

分かる人には分かると思いますが、超絶便利。

とりあえず、週刊アスキーの記事で便利さを感じてみてね。

Chromeで複数のリンクをまとめて開ける Linkclumpで遊ぼう!! – 週刊アスキー
Linkclump – Chrome ウェブストア

Make Link of All tabs【全てのタブのリンクをhtml形式で取得】

Make Link of All tabsは今現在Chrome上で開いているタブのリンクをHTML形式で一気に取得してくれる優れもの。

こんな感じで取得できます。下画像。

Make Link of All tabs

この時タブを開いてたのは「①Googleドライブ ②当サイトのWordPress管理画面 ③ YAHOO!のトップページ」の3つです。

参考サイトを見ながら記事を作っている!

しかし、今日はもう仕事は終了しなくちゃ!

なんて時にいちいち一個ずつサイトURLをコピーしてメモっておくのも面倒ですよね。

Make Link of All tabsを使えば、参考サイトのURLを一気に取得できるので、それをWordPressの記事作成画面に貼り付けておけば、次回記事を書く時にサクサクと参照サイトを見ることができます。

ま、本来はサイト内に参考記事を貼り付ける時に使うみたいなんですけどね。使い方は人それぞれです。

URLの取得形式はオプションで変更可能なので、色々と試してみてください。

Make Link of All tabs – Chrome ウェブストア
大量のウェブページのタイトルとURLをまとめてリスト化するChrome拡張 | 教えて君.net

SaveTabs【全てのタブをブックマーク形式で保存】

SaveTabsは、現在Chrome上で開いているタブを一つのフォルダとしてまとめてブックマークとして保存してくれる機能です。

参考サイトを見ながら記事を作っている!

しかし、今日はもう仕事は終了しなくちゃ!

なんて時にいちいち一個ずつサイトURLをコピーしてメモっておくのも面倒ですよね。

あれ?どっかで見た文章ですねw

そう、Make Link of All tabsがHTMLで、SaveTabsがブックマークとして残してくれるモノです。本来はSaveTabsの方を参考サイトとして見ている記事を一気に保存するためのものとして使うのが普通なんでしょうけどね。

東雲はMake Link of All tabsの方でやっちゃってますが。

すべてのタブをブックマークフォルダにまとめて保存するChrome拡張機能「SaveTabs」 – WEBマーケティング ブログ
SaveTabs – Chrome ウェブストア

Pasty【URLの羅列を一気にタブ上で開く】

これはクリップボードに保存しているURLを一気に開いてくれる拡張機能です。

Excelに並べられた複数のURLを一気にコピーして開きたいときなどに使います。使い方などは参考記事で!

複数のURLを一気に開く!Chromeの拡張機能「Pasty」は超便利!
Pasty – Chrome ウェブストア

情報収集・仕事効率化・時短系

Google Mail Checker【メールチェック!】

Gmailにメールが来てるかどうかチェックしてくれる拡張機能です。

下画像みたいな感じでメールが来たら何通来てるか数字で知らせてくれます。

Google Mail Checker

また、アイコンをクリックすればgmail画面に連れて行ってくれるので、個人的には通知の有無うんぬんよりはgmail画面に連れて行ってくれる事を重視して使っています。

最近はChecker Plus for Gmail™の方が評判は良いみたいです。

どちらを使うかはお任せします。レビュー記事は割愛!

Google Mail Checker – Chrome ウェブストア

RSS Subscription Extension(by Google)【RSS購読用】

これはRSS取得用ですね。これを入れておくと、下画像のような感じのアイコンが出てくるので、アイコン押すだけで、見ているサイトでフィードが提供されている場合は取得できるようになります。

rss

rssツールにfeedlyを使っている人は、デフォルトの追加設定を「feedly」に設定しないとダメですよ。その辺は「feedlyに楽々RSSを追加するchrome拡張機能RSS Subscription Extensionの紹介と設定 | メモ帳代わりのブログ」を読んで下さい。

最近はfeedly専用の拡張機能もあるようで、ソッチのほうが楽だとかいう話も聞きますが、特段不便は感じてないので変えてないです。

RSS Subscription Extension(by Google) – Chrome ウェブストア

Evernote Web Clipper【情報収集】

Evernote Web Clipperを入れておくと、保存しておきたいな!と思った情報を色々な形式で簡単に保存しておくことができます。

こんな感じ。

Evernote Web Clipper

記事作成のネタ保存や社内での情報共有などで重宝しています。

ただ、あんまり自分で保存したクリップを見返さないのがたまにキズ。

情報収集にもEvernoteを!Webクリッパーの様々な使い方
Evernote Web Clipper – Chrome ウェブストア

Share on Twitter【URL付きでつぶやく用】

Share on Twitterは今見ているページのURLを含めたつぶやきをワンクリックで作成してくれる拡張機能。

Twitter関連は他にも色々な拡張機能がでているので「Twitter クローム 拡張機能」なんかで検索してもらって、自分に一番合いそうなものを選ぶのが良いかも。よって説明割愛。

あと、複数アカウントの使い分けように「TweetDeck Launcher」も入れています。

Share on Twitter – Chrome ウェブストア

Zoom【クロームのズーム単位を1%単位で変更!】

Googleクロームの拡大・縮小サイズってかなり大まかに決められていて、自分で%指定できないですよね?多分。

しかし、この拡張機能を入れておけばクロームでも%指定で拡大・縮小することができます!

表示倍率を確認しながらズーム機能を使う事ができる Chrome拡張機能 Zoom | FOX x FOX
Zoom – Chrome ウェブストア

はてなブックマーク【ブクマができてコメントが見れる】

これは説明不要でしょう。

一発ではてブが出来るようになる拡張機能です。良さげな記事・気になった記事・参考になる記事はガンガンブックマークしています。

Evernoteも同じような感じですが、EvernoteはYAHOO!ニュースなどのような一定期間経つと消えてしまう記事、はてブはまぁ多分ずっとWEB上に残り続けるだろうなという記事に使ってます。

はてブもして尚且つEvernoteでクリップする時もありますけどね(どうしてもこの記事は絶対に残しておきたい!と考えるような記事があった場合)

はてなブックマークGoogle Chrome拡張で新しい情報を発見しよう
はてなブックマーク – Chrome ウェブストア

Full Page Screen Capture【フル画面キャプチャー】

Full Page Screen Captureはボタン一つでウェブサイトのキャプチャーを取ってくれます。

東雲の場合、FastStone Captureの有料版をPCに入れているので、キャプチャーソフトは入らないのですが、たまに横着して使うことがあるので、入れています。

Full Page Screen Captureの使い方 ~ウェブページ全体のスクリーンショットを取得する~ | ぼくらのハウツーノート
Full Page Screen Capture – Chrome ウェブストア

Vimeo repeat & speed【動画の再生スピードを変える】

vimeoの拡張機能

Vimeo repeat & speedはVimeoの動画の再生スピードを変えられるようになる拡張機能です。

YouTubeはデフォルトで再生速度を変えられる機能がついてますが、その他の動画サイトだと再生速度を変える機能が付いて無いことが多いですよね。

そこで便利なのがこの拡張機能です。1.5倍速とか2倍速で見ちゃいましょう。

注:僕はVimeo以外に動画サイトがあるのかどうか知りません。濱本さんのマスタークラスとかはVimeoを使っているようなので、この拡張機能を入れて1.5倍速とかで聞くようにしています。

Vimeo repeat & speed·Vimeo動画の再生速度/リピートを設定 MOONGIFT
Vimeo repeat & speed – Chrome ウェブストア

まとめ

以上、東雲が使っている拡張機能でした。ま、メジャーどころばかりですね。

他にも良さげな拡張機能があれば是非コメント欄から教えてください!