Html

注:Custom Permalinksというプラグインを使えば固定ページも自由自在にURLを決定出来ます。

【Custom Permalinks】中古ドメインのURLを完全に復元させる事出来るプラグイン

先日WordPressのパーマリンクURLの末尾を.htmlにする方法という記事を紹介しました。WordPress管理画面の「設定」⇒「パーマリンク設定」からカスタム構造の所に「/%postname%.html」などと記入する方法ですね。

カスタムパーマリンク

しかし、この方法だけだと固定ページのURL末尾を.htmlにすることが出来ません。また、何らかの理由により投稿ページは「/%category%/%postname%/」の形でURL末尾をスラッシュで終わらせたいが、固定ページは.htmlで終わらせたいという時も有るでしょう。

そんな時に重宝するのが「.html on PAGES」というプラグインです。この記事では.html on PAGESの導入の仕方を紹介します。非常に簡単です。

.html on PAGESのインストール方法とセッティング

WordPress管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」を選択。

プラグインの新規追加

画面が切り替わったら右上の方に検索窓が有るので、そこに「.html on pages」と入力。

html on PAGESを検索

正しく入力すれば、下記画像のようになりますので「今すぐインストール」をクリック。なお最終更新日が8年前とかなり古いですが、2016年現在でも有効に使えます。(但しその他のプラグイン等と干渉を起こす可能性はあります。その辺りは自己責任でお願いします。)

html-on PAGESのインストール

「今すぐインストール」をクリックして数秒待つとボタンが以下のように切り替わります。これでインストールは完了です。「有効化」をクリックして有効化させて下さい。

html-on-PAGESを有効化

これで完了。固定ページの拡張子を.htmlにするだけなのであれば、特段何かセッティングする必要も有りません。固定ページの投稿画面でURL末尾が以下のように.htmlになっているかどうかだけ確認しておきましょう。

固定ページがhtml化

なお、固定ページのURL末尾を.htmなどhtml以外にしたい場合はプラグインのphpファイルを直接編集すればOKです。

具体的にはWordPress管理画面から「プラグイン」⇒「インストール済み管理画面」を選択。そして「.html on PAGES」の編集をクリック。

html-on-PAGESのファイルを編集

すると以下のような画面になりますので、青枠で囲ったhtmlと記載されている部分をhtmなどに切り替えてファイルを更新して下さい。バックアップはお忘れなく。

html部分の切り替え

プラグインを使わずにfunction.phpに直接記入する方法でも対処可能

固定ページの.html化は上記プラグインで簡単に出来ますが、中にはあまりプラグインに頼りたくないという方も多いでしょう。

その場合は「function.php」に以下のコードを記入することでも対応可能です。

参考:プラグイン不要!固定ページの拡張子に.htmlを付ける方法

html以外にしたい場合は6行目の「%pagename%.html」の部分を「%pagename%.htm」などに変えて対応して下さい。

自信がない人はプラグインで対応するのが良いかなと思います。