東雲です。

初心者の時って、情報商材を買う事に非常に抵抗感が有りますよね。私もそうでした。

普通の書籍なら高くても数千円なのに、情報商材は2万円・3万円とかの値段が付いている事がザラに有りますからね。「こんだけ払って詐欺みたいな内容だったらどうしよう・・・」と不安になるのは至極真っ当な思考回路だと思います。

書籍

ただ、この記事で、どの商材が詐欺症状なのか優良商材なのかに言及すると、話がブレちゃうのでそこは割愛します。

そこで、世の中に販売されている情報商材が全て優良商材だったと仮定した場合に、アフィリエイト初心者は情報商材を買うべきなのか否か?について解説していきます。2016年版。

結論から言うと「情報商材を買わなくても何とかなるけど、情報商材を買った方が成果が出る可能性は高くなるし・成果が出るまでの期間も短くなる可能性が高いので、買ったほうが良い」というのが私の結論です。

なんか曖昧ですいませんね。でもこの辺は確率論の話になっちゃうので曖昧にしか言えません。以下、順を追って説明します。

情報商材を買わなくても何とかなる理由

私がアフィリエイトを本格的に始めたのは2011年です。当時は、アフィリエイトサイトの作り方に関して参考になるサイト・有益なサイトはあまり多く有りませんでした。

しかし、2016年時点ではアフィリエイトサイトの作り方を解説している優良サイトが沢山有ります。

また、

  • SEO対策
  • キーワードの選定の仕方
  • ライティングの方法・記事の作り方
  • WEBサイトの作り方

などなどで、テーマを絞って検索しても、非常に有益な情報が書かれているサイトが多くなりました。従って、それらのサイトを見て、自分の中で消化し、正しいアフィリエイトサイトの作り方を吸収する事が出来るのなら、わざわざ値段の高い情報商材を買う必要は有りません。

ただ、ネット上の記事の全てが正しい事を書いているわけではないし、最新の情報を取り扱っている訳ではないという事は知っておいた方が良いでしょう。

では、初心者が【この情報は正しい・この情報は正しくない】【この情報は新しい・新しくない】という事を判断できるのでしょうか?普通に考えたら出来ませんね。

そもそも、特定分野の権威の発言であっても、全ての発言が正しいとは限りません。

間違った情報を元にアフィリエイトを始めれば、そりゃ当然成果が発生するのは遅くなります。また、ネット上からイチイチ情報を拾っていては、いつまで経ってもインプットばかりで、作業にとっかかることすら出来ないかも知れません。

そういう観点から考えると、やはり初心者がアフィリエイトを始めるであれば、情報商材を購入して体系的にアフィリエイトを学んでからサイトを作った方が、最終的に成果が発生するのは早くなるのかなと、私は思います。

以下、同様の趣旨の事も書きますが、私が情報商材を買ったほうが良いと思っている理由を書いていきます。

東雲が情報商材を買ったほうが良いと思っている理由

今のところ思いついたのは3つ。

情報を体系的に学べるから

コレは、先程も書いた事です。そして一番大事。情報商材を購入することで、アフィリエイトサイトの作り方を「1から10」まで体系的に学ぶ事が出来ます。

それは、ネットでわざわざ情報収集する【時間】を削減してくれますし、無駄な情報に振り回される事が少なくなる、というメリットが有ります。

アフィリエイトを体系的に学ぶ

アフィリエイトで初成果を発生させることが「登山でいう十合目(ゴール)」と仮定すると、情報商材を買って読み込んだ人は「山の五合目」位からスタート出来るイメージですね。

一方、全くの初心者が情報商材を買わずにアフィリエイトを始めるなら「一合目」からのスタートになるでしょう。体系建てて作られた教材を元に学ぶかどうか?によって、それくらいの差は出てくると思います。

弁護士試験や税理士試験などの国家試験でも、独学で勉強する人はほとんどいませんよね。大半の人は予備校等の授業を受けて、体系建てて作られた教材を元に勉強するはずです。なぜそうするのか?と言えば、独学でやるよりもソッチのほうが合格する確率が高くなるからでしょう。

体系的に学ぶ

それは、アフィリエイトも同じだと思っています。この先、数百万・数千万円稼げる可能性が有るビジネスをやろうとしているのに、完全無料でやってやる!と考えるのは、むしろおかしな話です。

フォーラム等で皆の悩みを聞ける

LFMとかLUREA・販売停止となったアフィリエイトファクトリーなどの「優良商材」と呼ばれる情報商材では、フォーラム(掲示板)が解放されている事が多いです。

その掲示板を利用すれば、既にアフィリエイトで大きな金額を稼いでいる先輩アフィリエイターなどから的確なアドバイスを貰えたりします。また、自分と同じような悩みを持っているアフィリエイターは、自分が思っているよりも多いので、フォーラムで検索すれば「今自分が直面している悩みに対するヒント」を知ったりする事も出来ます。(過去ログ検索ですね。)

こういうフォーラムは商材購入者しか利用できませんから、この点でも商材非購入者との差は出てくるでしょう。フォーラム使えない場合は「2ch」とか「知恵袋」とかで質問するしか無いわけですが、その回答が正しいのかどうかなんて分からないでしょ。アフィリエイターが知恵袋でわざわざ回答するなんて事ほぼ有りませんし。

ただ、フォーラムに入り浸るのはNGですよ。過去ログみたり沢山質問するよりも、実際に自分でやってみた方が、早く稼げるようになる可能性は高いです。

実際に自分でやった事によって得た経験値は何事にも代えがたいですし、そもそもアフィリエイトは作業しないと始まらないので。だから、どちらかと言うと私は全然フォーラム使いません。たまにどんな事が書かれているのかなーと覗くくらいです。

あと、フォーラム覗いてたら、SEO等々含めて最新のアフィリエイトの動向も知ることが出来ますね。

商材購入者同士の飲み会とかでリアルでアフィリエイターと出会える

個人的にはアフィリエイトは素晴らしいビジネスだと思っているのですが、如何せん世間的な目は厳しいです。なので、普通に生活している限り、リアルの世界で腹を割って話せるアフィリエイターと出会える可能性は低いです。

しかし、商材によってはセミナーを定期的に開催したり、新年会・忘年会などと称して、現役アフィリエイターが集う場所を提供してくれます。また、同じ商材を購入していることから、お互いどういう手法でアフィリエイトをやっているのか?みたいな深い話も出来るでしょう。

まぁ、現役アフィリエイターに出会うだけだったら、ASP主催のセミナーやフェスティバルも有りますし、最近はTwitterを使っているアフィリエイターも多いため、このセクションで書いた事は今や情報商材を買う理由にはならないかもですけどね。一応書いときました。

まとめ

長々と書いてきましたが、一番大事なのはやはり「情報商材を買うことでアフィリエイトのやり方を体系的に学べる」という部分ですね。最近は通常の市販書籍でもアフィリエイト関連の本が増えていますが、まぁ私が知っている限りでは結構フワッと(*1)した内容の本が多いです。

*1 「フワッと」とは、アフィリエイトの大枠は分かるんだけど、痒い所に手が届かない的な本の事。言い方を変えれば、具体的なやり方が明確に載っているような市販の本はあまり無いという事です。

まぁ、最終的に情報商材を購入するかどうかは自己判断なので、私がとやかく言うことでは無いですが、情報商材を買わずにアフィリエイト始めるのであれば、情報商材を買って実践している人よりも努力しないと、中々稼げるようにはならないという事は理解しておいた方が良いでしょう。(確率論の話ですけどね。)