ドメイン

東雲です。

私は現在、殆どのサイトを完全ホワイト(*)で運営しているので、現在中古ドメインを使うことは有りません。が、一時期利用していた事が有ります。その時に問題になるのが「被リンクが付いているページ」の復元ですよね。

* 完全ホワイトとは書いてますが、自社サイトから自社サイトへのリンクはやっています。普通に運営サイト紹介という形で。
中古ドメインのSEO効果を最大限享受するためには、被リンクのついているページを完全に復元してしまうのが一番良い!と言う事に異論の余地は無いのではないでしょう。

ただ、WordPressだとパーマリンクの問題が有るので中々思うようにURLの復元が出来ません。

中古ドメインの復元したいURL

例えば上の画像のような感じでURL末尾にhtmlが付いていたり、URLに大文字と小文字が混在していたり、スラッシュがあったり無かったりすると、どうやって復元したら分からないぜ!という人も多いでしょう。特に初心者の人は。

そこで使ってほしいのが「Custom Pemalinks」というプラグインです。このプラグインを使えば自由自在にパーマリンクURLを決める事が出来ます!

Custom Pemalinksの使い方や出来ること

インストール方法は簡単です。普通にプラグインの新規追加から「Custom Permalinks」と入力してインストール後、有効化するだけでOK。

有効化したら記事投稿ページに行ってみて下さい。以下のような感じでパーマリンクを入力出来るようになります。

URLが自由自在

これ本当に自由自在です。WordPressのパーマリンク(URL)の末尾を【.html】にする方法で書いた方法を使わなくても、URL末尾を.htmlに出来ますし

html表記

拡張子をjpgにすることも出来ます(画像拡張子を利用する時はちょっと注意が必要だけど)

画像jpg

他にもphpやhtm、pdfなどの様々な拡張子名を自分で勝手に付ける事が可能です。

カテゴリーが無かったとしても以下のようにスラッシュ入りのURLを作ることが出来ますし

スラッシュ入りのURL

大文字と小文字を合わせたURLにも対応しています。

大文字と小文字が混在したURL

もちろん末尾に/を入れてもOK。

URL末尾をスラッシュ入にする

とにかく自由自在です。日本語もOKですよー。

もし、URLの復元方法が分からないという人がいらっしゃいましたら是非使ってみて下さい。ただ、私はCustom Permalinksを使用することによる弊害等を体験したことが有りませんので、何か問題が発生した場合は自己責任でお願いします。

恐らく中古ドメインはサテライトで使う人が多いと思うので、問題が発生したとしても影響は軽微でしょうけどね。