今回はタイトルにも有るように「お名前コム」でドメインを取得してXserverにドメインを追加するまでの手順を図解付きで紹介します。

一つのドメイン会社・一つのサーバー会社でゴニョゴニョ出来るようになると、他のドメイン会社やサーバー会社も同じようにゴニョゴニョ出来る素養が出来上がりますので、とりあえず頑張りましょう。



お名前コムでやること

えー、まずトップページへ行く!

http://www.onamae.com/

①取得したいドメインを検索

トップページに行きました。

トップページ

検索窓とひと目で分かる検索窓が出てくるので、そこに取得したいドメイン名を入力。

この段階ではcomとかnetとかのトップレベルドメインを入力する必要は有りません。こんな感じ。ちなみに、日本語ドメインを取得したい場合は、punycodeでの変換すること無くそのまま日本語で検索可能です。

こんな感じ。

「お母さんもうすぐ60歳」
「hahaoya-sixty」

というどうでも良いドメイン名で検索。

検索してみた

すると下記のようにドメイン検索結果が現れます。

ドメイン検索結果

アイコンの説明をしておくと

  • チェックボックス有りの物は取得可能という意味。(ex 【お母さんもうすぐ60歳】のcomとかnetとか、hahaoya-sixtyの全部とか)
  • ✕印が付いているものは既に誰かに取得されているため取得出来ないという意味(ex.【お母さんもうすぐ60歳】のorg)
  • -になっているのは、そのトップレベルドメインではそのドメイン名は提供されていないという意味(ex.【お母さんもうすぐ60歳】のlinkとかclickとか)

なお、日本語ドメインはトップレベルドメインによっては取得できない事がよく有るので、その辺りは注意が必要です。以下、少し注意点を挟みますので取得手順を直ぐに見たい人はこちらのクリック(内部リンク)

【注意】お名前コムでは勝手にドメインが選択された状態になる

これ、初心者の人だと間違って買っちゃうことも出てくると思うのですが、こちらの画像のように

選択された状態

ドメイン検索して、空いているドメインが有るとお名前コムの場合、複数のトップレベルドメインが選択された状態になります。

このまま「お申し込みへ進む」ボタンを押してしまうと、要らないトップレベルドメインのドメインまで取っちゃうので、下記のように「全ての選択を解除」をクリックして、とりあえず選択状態を解除して下さい。

選択された状態

解除してから本当に欲しいドメインを選択しましょう。

【注意2】別のトップレベルドメインは検索の下の方から探す

トップページからドメイン名を検索した場合、「com/net/xyz/link/click/info/site/mobi/org/tokyo/me/jp/co.jp」など、お名前コムが表示を決定している特定のトップレベルドメインしか選択できません。

bizとか他のトップレベルドメインを選択したい場合には、トップページから検索後、下記画像のように「すべての種類を表示」をクリックして、検索したいトップレベルドメインにチェックマークを入れて検索しなおして下さい。

表示がないトップレベルドメイン

②お名前コムでドメインを取得して代金支払いまで

ドメイン検索後、自分が欲しいトップレベルドメイン(comとかnetの事)の空きが有ったら、そのチェックボックスにチェックを入れて、「お申し込みへ進む」をクリック。

今回は、この記事の為だけにドメインを取ったので、私は「お母さんもうすぐ60歳」のxyzドメインにチェックを入れて取得します。

xyzを選択

画面が以下のように切り替わります。ここで絶対に忘れてはいけないのが「Whois情報公開代行」のチェックを入れる事!ここに、チェックを入れないとドメイン保有者として全世界に自分の名前や住所等々が開示される事になります。

また、お名前コムではドメイン取得時に「Whois情報公開代行」を選択せず、後でwhois代行にする場合、料金を取られます。(コレは本当直して欲しい。)

なので、絶対にチェックしましょう。サーバーの選択とかマイクロオフィスの利用とかも全部利用しないでOK。

お申し込み内容の確認1

で、このタイミングでお名前コムのIDとパスワードを入力します。IDが無い人は「次へ進む」をクリックしてID(アカウント)を取得します。

ログイン

次の画面で支払い方法とお申し込み内容の確認です。ここでも、キッチリと「whois情報公開代行」が表示されている事を確認して下さい。そして、赤枠緑のボタンをクリック。

お申し込み内容確認

すると、以下のように処理待ち表示が出てきますので、処理が完了するまで待ちましょう。この段階で画面を閉じたりすると処理が正常に完了しない可能性が有るので、じっと待ちます。
処理待ち

処理が完了すると、以下のように「お申込みが完了しました。」という画面に切り替わります。コレでひとまず取得作業は終わり!

お名前認証メール

【注意】初めての人はドメイン情報認証を忘れるな!

なお、上記画像で【重要・ドメイン情報認証について】という文言が見えると思いますが、コレは非常に重要です。

この認証を怠ると、そのドメインが一時的に使用出来なくなったりややこしくなるので(復旧は可能ですが)、ドメインを取得してから2週間の間はお名前コムに登録したメールアドレスに「認証メール」が届いていないか毎日チェックしましょう。

2週間のうちのどのタイミングで来るかは正直分かりませんので、来るまで毎日チェック。認証自体はメールアドレス単位での認証ですので、一度認証を受ければその後取得するドメインに対して認証を求められる事は有りません。基本的に。

③ドメインNaviにドメインが反映されている事を確認

お申し込みが完了しましたら、完了画面の下の方に有る「ドメインNavi TOPページヘ戻る」ボタンを押して、ドメインNaviのTopページヘ行きます。まぁ要は管理画面みたいなもんです。

ドメインnaviトップページへ

そして、ちゃんと自分が購入したドメインが反映されている事を確認。私が取得したドメインがちゃんと反映されていますね。

ドメイン登録

④必要に応じて自動更新の設定を切り替える

アフィリエイターの場合、ドメインは基本的に1年単位で取得する事が多いと思います。というのも、サイトが飛んだりしてドメインが使い物にならなくなったら、そのドメインを保有するだけ費用が出て行く事になり、無駄になるからですね。

で、お名前でドメインを取得する場合に注意して欲しいのが「自動更新の設定」です。デフォルトでは「自動更新:有」として設定されます。自動更新が設定されていると、ドメイン有効期限日の15日前に自動で1年間更新がなされます。

1年後もそのドメインを持ち続ける可能性が有るのであれば、変更する必要は有りませんがどうなるか分かりません。そのドメインが収益を生み出さなかったから更新したく無くなる可能性も大いに有ります。

というわけで、基本的には自動更新の設定を解除しておきましょう。(サイトが育ってから「自動更新:有り」に設定しても遅くは有りません。自動更新の設定でお金を取られる事は有りませんので。)

ドメイン登録

というわけで、自動更新の列の「設定中」をクリック。もちろん、該当ドメインの行のものです。画面切り替わったら以下のようにチェックマークを入れて「確認画面」へ進むをクリック。

ドメイン自動更新設定

上記画面では「自動更新:有り」にする設定なのか「自動更新:無し」にする設定なのか、分かりにくいのですが、画像右端の「自動更新設定申込内容」が「設定済み」になってたら、「自動更新:無し」にするための手続きを行っていると理解しましょう。

以下、確認画面です。
自動更新設定申込

なんか、赤文字で怖いこと書いてますが、無視して上記画像のようになっていることを確認して、申込ボタンをクリック。以下の様な画面になれば完了です。

自動更新設定完了

ドメインNaviでも「未設定」になっている事を確認しておきましょう。

未設定

なお、「自動更新:無し」にするという事は、当たり前ですが、有効期限近くになったら手動で更新する必要が出てきます。お名前コムの場合、鬼のように有効期限の連絡メールが来るので忘れる事は無いと思いますが、うっかりミスでドメイン失効!なんて事にならないように注意しましょう。

⑤ネームサーバーの変更

続いてネームサーバーの変更を行います。ネームサーバーとはXserverのヘルプページによると以下のように定義されています。

ネームサーバーとは、対象のドメインをどのサーバーで使用するか決定するためのアドレス、とお考えください。

エックスサーバーで独自ドメインを使用するためには、ドメインのネームサーバーをエックスサーバー指定のものに変更していただく必要があります。

お分かりでしょうか、つまり自分が借りてるサーバーで独自ドメインを使うためには、独自ドメインのネームサーバーをサーバー会社が指定するものに変更しなくてはいけないという事です。

ロリポップサーバーを借りてるならロリポップ指定のネームサーバーにする必要があるし、さくらサーバーならさくら指定のネームサーバーにする必要が有る。

ネームサーバーを変えなくても良い場合としては、ドメインもサーバーも同じ会社で購入(レンタル)した場合です。たとえば、Xserverでサーバーを借りて、ドメインもXserverで取得した場合。ただ、基本的にはドメイン会社とサーバー会社は別になることが殆どなので、ドメイン会社の設定画面でネームサーバーを変更する必要性が出てきます。

まぁ、難しいこと書いてますが、アフィリエイトで稼ぐ為にはネームサーバーの設定さえ出来ればOKです。ネームサーバーとはなんぞや!というのをプロ並みに理解しても稼げるとは限りませんので。(もちろん知識として知ってるに越した事は有りませんが、私は全然分かってません。)

というわけで、設定していきましょう。お名前コムのドメインNaviから、該当ドメインのネームサーバーを変更するボタンをクリック。

ネームサーバー変更

すると以下のようになりますので、下記画像赤枠で囲んだ「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリック。(なお、選択は毎回しないとダメです。とてもめんどくさい。)

登録情報は正しい

で、以下の様な画面になりますので、Xserver指定のネームサーバー情報を入力します。Xserverのネームサーバー情報はこちらのセクション参照

対象ドメインが選択されている事を確認して、「他のネームサーバーを利用」のタブをクリック。そして、下記画像の方にネームサーバーを入力します。ここまで出来たら「確認画面へ進む」をクリック。
ネームサーバー変更入力

なお、基本的に、ネームサーバーは「プライマリネームサーバー」と「セカンダリーネームサーバー」の2つを設定すれば機能します。機能しますが、別に以下のようにXserver指定の5つのネームサーバーを順番に入力しても間違いじゃあ有りません。

ネームサーバー5個

XserverでSSL証明書を取得する時の認証に「DNS認証」を設定した場合には、5つのネームサーバー名を全部入れとかないとダメなはずなので、サーバー側が指定しているネームサーバー情報を全て入力しておく方が無難かも。

あとは、確認画面とか出てくるので、設定内容が正しいか確認した上で手続きを進めていって下さい。変更が完了したら以下のようになります。

ネームサーバーの変更完了

これでお名前コムで設定すること終了!

Xserver側でやること

続いてXserver側でやることです。

先ず、Xserverのインフォパネルにログインして、ドメインを追加したいサーバーを選択。サーバーパネルのログインの所。(契約が一つしか無いならそこに入れるしか無いですし、サーバーパネルに直接入っても構いません。)

サーバーパネルログイン

サーバーパネルの中の「ドメイン設定」をクリック。

ドメイン設定

画面切り替わったら、「ドメイン追加設定」タブをクリックすると下記のような画面になります。

ドメインの追加設定

先ほど取得したドメイン名は「お母さんもうすぐ60歳.xyz」です。punycodeに変換すると「xn--60-k73apa5a2a3a04ahf4393db2a.xyz」です。

が、Xserverの場合は、以下のようにpunycode変換せずに日本語名のままドメイン追加をすることが可能です。なお、トップレベルドメインはプルタブから選んでくださいね。

注:サーバー会社によっては、日本語ドメインをpunycode変換しないと受け付けてくれない所もありますので、要注意。その点、ローマ字ドメインならその辺を気にする必要は有りません。
お母さんもうすぐ60歳ネット

で、ドメインの追加(確認)ボタンをクリック。以下の様が画面になります。これでOKなら「ドメインの追加(確定)」ボタンをクリック。

ドメインの追加確定

下記のような画面になれば設定完了です。

設定完了

以上、お疲れ様でした。

WordPressのインストール方法は下記記事を参考にして下さい。

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順・方法

【参考】主要レンタルサーバーのネームサーバー一覧

自分用のメモとして主要レンタルサーバーのネームサーバー1と2をまとめておきましたんでどうぞ。多分コレで有ってると思いますが、詳細はリンク先からご確認下さい。

サーバー会社ネームサーバー1ネームサーバー2
Xserverns1.xserver.jpns2.xserver.jp
ロリポップuns01.lolipop.jpuns02.lolipop.jp
さくらns1.dns.ne.jpns2.dns.ne.jp
ラクサバns.rakusaba.jpns2.rakusaba.jp
ミニバードns1.minibird.jpns2.minibird.jp
ファイアバードns1.firebird.jpns2.firebird.jp
ヘテムルdns0.heteml.jpdns1.heteml.jp
お名前コムリンク先参照リンク先参照
コアサーバー・バリューサーバー・XREANS1.VALUE-DOMAIN.COMNS2.VALUE-DOMAIN.COM
X2ns1.xtwo.ne.jpns2.xtwo.ne.jp
シックスコアns1.sixcore.ne.jpns2.sixcore.ne.jp
wpXns1.wpx.ne.jpns2.wpx.ne.jp

私はエックスサーバーばっかり使ってるんで、正直あまり必要ない。将来的にはサーバー移転しないとダメかなとは思ってますが。

お名前コムでドメインを取得する人はこちらから