Html

注:Custom Permalinksというプラグインを使えばこの記事で紹介している方法を使わなくても末尾を.htmlに出来ます。

【Custom Permalinks】中古ドメインのURLを完全に復元させる事出来るプラグイン

東雲です。

たまにWordPressのサイトでもURLの末尾に.htmlを付けたいなぁと思うことが有りますよね。例えばこんな時が挙げられます。

  • 中古ドメインを購入して被リンクが付いているURLの末尾が.htmlだった場合(中古ドメインを購入するなら中古ドメイン販売屋さんがオススメ!)
  • 元々HTMLサイトで運用していたものをWordPressでの運用に切り替える場合で変更の影響を最小限に抑えたい場合
  • 単純に静的URLで運用したい場合

などなど。私なんかは将来的にWordPressからHTMLサイトに切り替えるのも有りかな!?なんて思う事も有るので、その可能性が有るサイトは.htmlで運用してみようかなと思ったりすることも有ります。(多分、実際にはしないけど)

そこで今回はWordPressのパーマリンクの末尾を.htmlに変える方法を紹介したいと思います。

参考:SEO的に言うとWordPressのパーマリンクはどれに設定するのが一番良いのか?

設定⇒パーマリンク設定で切り替え

URLの末尾を.htmlにする方法は非常に簡単です。

WordPressの管理画面から「設定」⇒「パーマリンク設定」をクリック。

パーマリンクの設定

パーマリンクがよく分からない人は下記記事を読んでからまた戻ってきて下さい。

パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

この中の「カスタム構造」という所を選択して、そこの以下のように表記するだけ。

カスタムパーマリンク

/%postname%.html

こういうのね。これで記事投稿ページで以下のように.html付きのURLを指定出来るようになります。

投稿画面html

もし、カテゴリー名も含めたURLで運用した場合には

/%category%/%postname%.html

を入力すればOK。

簡単ですね。まぁただ、新規でWordPressサイトを運用する場合にはわざわざ.htmlを付ける必要はほとんどの場合で無いですけどね。.htmlを付ける事でURLが無駄に長くなっちゃうので、SNSでシェアされにくくなる可能性も有りますし。

URLは自分が気に入れば正直どんなものでも良いという側面も有るので、必要に応じて使い分けてみて下さい。私が.htmlタイプにする時はサテライト用の中古ドメインのURLを復元する時くらいです。

カテゴリーページの末尾に/(スラッシュ)が付かない時の対処法

ただし、上記の方法でパーマリンクを変更すると「カテゴリー」を選択した時にURLの末尾に/(スラッシュ)が付きません。

最後にスラッシュが付かない状態

末尾にスラッシュが無くても別に問題は無いのですが、何だか気持ち悪いですよね。なので、これが気持ち悪い人は

「Nice Trailingslashit」というプラグインを利用してみて下さい。利用方法はインストールして有効化するだけでOK。これで、カテゴリーのURLの末尾は/で終わらせる事が出来ます。

固定ページは別途プラグイン.html on pagesを利用して変更するのが簡単

以上、簡単にURLの末尾を.htmlにする方法を紹介しましたが、これだと固定ページのURL末尾は「.html」になりません。/(スラッシュ)で終わった状態になります。

固定ページも.htmlにしたい場合は.html on pagesというプラグインを利用してみて下さい。これを導入することで、固定ページも.html化出来ます。

プラグイン「.html on pages」を利用して固定ページのURL末尾を.htmlにする方法