URLのssl化

2014年8月7日にGoogleが「httpsをランキング シグナルに使用する」と発表しました。

とは言え、現時点(2016年1月時点)においては、https化したことが、直接的に順位上昇に影響が有るわけではなく、他のSEOスコアが全く同一の記事が有った場合にhttpsの方を上位表示させますよーというレベルだと言われています。他の優遇措置としては、httpsページを優先的にインデックスさせるという事くらいでしょうか。

従って、アフィリエイトサイト運営者としては「今すぐにアフィリエイトサイトをSSL化する必要は無い!」と言えます。しかし、以下の様な記事も出てきていますし、アフィリエイトサイト運営者としては「いつSSL化すべきか!?」というのは気になるところだと思います。

検索結果1ページ目の25%強がHTTPSページ -Web担当者Forum
Google Chromeが非HTTPSページに警告マークをデフォルトで表示する日は近い!?

加えて言えば、サイト規模が大きくなってからSSL化にするのは結構大変ですし、設定ミスやリダイレクトの影響等々で一時的に順位が下落することも有り得ます。既存サイトのSSL化はもうちょっと時間が経ってから・・・と考えている人でも、新規で作るアフィリエイトサイトに関しては最初からSSL化しておきたいと考えるのが普通でしょう。

アフィリエイトサイトのhttps化

しかし、如何せんアフィリエイトサイトをSSL化するための前提条件として、自分のサイトで使っているASPのリンクがSSL対応している必要が有ります。というのも、自分のサイトだけssl化してもアフィリエイトのコード(バナーリンク)がssl対応していないと、サイトのSSL化が完了しないからです。

それが原因で、ブラウザ上で「このサイトは危険です!」みたいな表示が出てしまうそうなので、それだったらhttps化しないほうが良いよね~というのが今の状況。

こういう点で、通常の企業WEBサイト運営者と比べて、アフィリエイターは不遇だなぁと思ってしまいますが、こればっかりは仕方有りません。ASPあってのアフィリエイターですからね。主要ASPがリンクコードのSSL化を進めてくれる事を願うばかりです。

以下、本題。

ASP毎のSSL化対応状況まとめ

今回はアフィリエイトリンクの「テキストリンク」と「バナーリンク」に絞って調べました。商品リンクとかがどうなってるかは知りません。

下記はa8のアフィリエイトリンクの構成です。

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1TK4OS+8TCM9U+0K+11FY8H" target="_blank">
<img border="0" width="350" height="240" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=13&wid=027&eno=01&mid=s0000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www13.a8.net/0.gif?a8mt=S+8a" alt="">

下記表の「aタグリンク」などの意味は下記の通り。

  • aタグリンク・・・http://px.a8.net/svt/で始まっている部分。赤文字。
  • imgタグリンク(バナー)・・・http://www20.a8.net/で始まっている部分。緑文字。
  • imgタグリンク(インプ用)・・・http://www13.a8.net/で始まっている部分。青文字。

「imgタグリンク(インプ用)」は主にテキストリンクで表示回数を計測するために付けられている事が多いですが(バナーリンクはバナーがインプレッション計測も兼ねている場合が有るので)、ASPによっては全く無い場合も有りますし、通常のimgタグリンク(バナー)にもインプ用のimgタグが有る場合も有ります。まぁASPによってマチマチという事です。

なお、後述するようにaタグのリンクはアフィサイトのSSL化に影響を与えません。


□最終更新日:2017年8月30日
ASP\リンク種類aタグリンクimgタグリンク
(バナー)
imgタグリンク
(インプ用)
A8.net
アフィリエイトB
バリューコマース
アクセストレード
レントラックス
メディパートナー
TGアフィリエイト存在なし
リンクシェア*1
GMO アフィタウン不明
janet
フェルマ
infotop存在なし
amazon
楽天不明
AFRo存在なし
i-mobile
TCSアフィリエイト存在なし
チャレンジング・ジャパン
xmax
電脳卸存在なし
もしもアフィリエイト
*1 リンクシェアは【imgタグリンク(バナー)】に関しては、広告主のサーバーにおいてるものを引っ張ってきているので広告主によってはhttpsになってる場合もあるし、そうじゃない場合もある。

他にもASPは有りますが、とりあえず上記で主要ASPは抑えていると思います。他に有れば追記していきます。

httpsサイトにhttpで始まるアフィリエイトリンクを載せても成果計上はされるのか?

Google Analyticsでは、基本的にhttpsサイト⇒httpサイトへのリファラーは取れませんよね。なので、自分のサイトだけhttps化してアフィリリンク(aタグの事)がhttpスタートだった場合に、ちゃんとトラッキング出来るのか?(成果は発生するのか?)という不安も有ります。私しか不安になってないかもしれませんが。

この点、一応A8さんとアクトレさんに確認した所、それは問題なく成果計上されるとの事でした。なので、その点については心配無いのでしょう。

ただ、私は技術的な問題は分からないので他のASPでも同様に成果は計上されるのか?については分かりません。

アフィリエイトサイトでも正常にSSL化させるためのタグの使い分けについて

aタグがhttpスタートであっても、問題なく成果が計上されるという事であれば、ASPのサーバーから取ってきているimgタグ(バナーもimpタグも)さえ使わなければ、SSL上警告は発生しません。

別にaタグのリンク先がhttpだろうが、httpsだろうが関係ありません。警告が出るのは外部から読み込んでる情報のURLがhttpsかhttpかどうかなので。

つまり、aタグだけ使うのであればアフィリエイトサイトでも正常にSSL化させる事が可能という事です。

但し、リンクコードを改変する(impタグを使わない事含め)のはASPの規約違反とされている事が多いので、そこら辺は注意が必要です。(私の経験上、「リンクコードを短縮URLにしたから怒られた!」とか「impタグを使わなかったから怒られた!」なんて事は無いのですが、この辺りは自己責任でお願いします。)