これからチョクチョク自分が作ったサイトを紹介していきたいと思います。まぁ、紹介していくと言っても全然数がないので、すぐにネタは尽きますけどね。

今回紹介するサイトは、私の今のサイトの作り方の原型となっているサイトで非常に思い出深いサイトです。

なぜ思い出深いのか?

まずはなぜ思い出深いのか?から始めてみましょう。理由は2つ有ります。

理由①:初めて月間売上50万を超えたサイトだから

今でこそ偉そうなこと言ったり書いたりしていますが、私はアフィリエイトを始めてから2年間の間は月の売上が50万円を超えた事が有りませんでした。

サイトを作っては飛ばされる。サイトを作っては飛ばされる(*1)。そんな状態が続いていて、もうすぐ50万円だ!という所でいつもあと一歩届かずという状態だったんですよね。その状態を打破してくれたのがこの馬プラセンタサプリのレビューサイトです。このサイトだけで月の売上が50万円を超えたんです。

「私でもアフィリエイトで生計を立てられるぞ!」という自信を身につけさせてくれたサイトです。コレが一つ目の理由。

*1 今思えばサイトもそんなに作ってなかったし、作ったサイトもしょぼいキーワードばかりだったので、そりゃ50万にも届かないよね。という感じですけどね。

あくまでも、今思えばですけど。

理由②:現在の自分のサイトの作り方の原型になっているから

二つ目の理由は、馬プラセンタのサイトが今の私のサイトの作り方の原型になっているからです。具体的には以下の二点です。

  • ①コンテンツ作成前に関連書籍を読み込む
  • ②ロングテール戦略で大きめのサイトを作る

馬プラセンタのサイトを作るまでは、自演リンクでターゲットキーワードの順位を上げるブラックな手法しかやったことが無かったので、そこまでコンテンツに気をかけていなかったんです。どちらかと言うとネットの情報をリライトしてあとはリンク勝負みたいな感じ。

このサイトからコンテンツの質に拘るようになりました。専門家の情報をちゃんと自分で集めて記事にしたり、公的機関が発表しているデータを利用させて貰ったりね。

記事数に関しては現時点でも220記事くらいしか無いので、今考えるとそこまで記事数多くないんですけどね(*)。当時の私にとっては有り得ないくらいの大規模サイトだったんです。

* 自動車保険(700ページ)や車査定(1000ページ)に比べるとキーワードが狭いので、そこまで増やせないという問題も有りますけど。

以上のように「現在のサイトの作り方の原型になっている!」という点で思い出深いサイトです。

苦労したこと

続いて苦労したこと。いろんな意味で初めてチャレンジする事が多かったサイトなので、苦労したことも多かったです。だからこそ思い出に残っていると言っても良いかもしれません。

記事案の作成が上手く行かなかった

先ほど思い出深い理由のセクションで関連書籍を読むようになったと書きました。

当時はまだまだ実力が無かったので「書籍の内容」と「検索キーワード」をどうやって紐付けるか?が全然上手く出来なかったんです。今はかなりスムーズに出来るんですけど、本当苦労しました。

なぜだかよく分からないですけど「書籍の内容は絶対に全部サイトに取り込まないと!」という変な固定概念が有って、全くキーワードを意識せずに記事を書いたり色々失敗しましたね。(書籍内容の取捨選択が上手くできてなかった。)

でもこの経験が有ったからこそ、今はスムーズにサイトの記事案を作れるようになりました(とは言え、今でも悩みますけど。)

金銭的に厳しかった

馬プラセンタのサイトはコンセプトが「完全なるレビューサイト」だったんです。なので、まず商品代がかかります。馬プラセンタサプリの商品って結構高いので、セルフバックが出来ない商品とかだと1ヶ月分で1万円弱くらいしたりするんですよね。

あと、外注さんに求めていた記事の質も高めだったので、記事代も必然的に高く設定する必要が有りました。当時全然稼いで無かった私には結構厳しかったです。

結局、売上が結構発生したのですぐに回収することが出来たのですが、かつてコレほどお金をかけてサイトを作った事が無かったので、当時はめっちゃ胃が痛かったです。コレで失敗したらどうしよ・・・って。

サイト紹介

長々と前フリしてきましたが、私が苦労して作ったサイトがこちら。

馬プラセンタサプリ比較ネット~人気のプラセンタが丸わかり!
placenta

直近一ヶ月のアクセスはこんな感じです。

アクセス解析

昔はセッション2分以上有ったんですけど、デザインが古めかしくなってきた事とテールワードでのアクセスが増えたことで数値が若干悪くなっています。

今作っているサイトが一段落付いた当たりでデザインの変更と内容のブラッシュアップ(レビュー記事の追加と薬事法への完全対応)をしていきます。以上、今日は自分のサイトの紹介記事でした。